ピルの避妊について考える女性

コンドームでの避妊はするに越したことはないですが、絶対ではありません。計画していない妊娠の場合、様々なことに支障をきたしますよね?ピルの避妊も考えておくといいかもしれません。

ピルと亜鉛と量について

女性は毎月の月経がありますが、量が多いとか、生理痛がひどいなど、さまざまな悩みを抱えています。ですが、その痛みを緩和したり、生理の量を抑えたり出来るのが、避妊薬をして利用されている、産婦人科などで処方されるピルの医薬品です。お薬を飲むのには抵抗があるという女の子でも、専門の医師から説明を受けて、納得の上での処方ができます。最初は火照りを感じたり、少し頭が痛いなどもありますが、それも次第になれるので不安はないです。

ピルを服用するときには、ほかのお薬やサプリを飲んでいいのかも気になるでしょう。生理不順にも効果的なのが亜鉛ですが、これはピルとの併用しての服用は、問題がないです。健康的に人間が日々の生活をするには、いろいろな栄養素を必要とします。中でもへの吸収率が低いミネラルなのが、実は亜鉛です。食品に含まれている含有量が少なくて、料理の調理でも失われ安いです。そして、基本的には、体内に吸収しづらいというのが理由です。

でも足りなくなると、味覚障害を起こしたり、ほかにも身体に負担なることが出てきます。肌が乾燥しやすくなったり、シワやシミの原因にもなります。毛髪が薄くなるとか、毛質も細くなります。爪も弱くなりますし、男性では精子欠乏や勃起不全なども関わってきます。胎児の成長不全ホルモンを整える機能があるので、男性の精力を向上させる性のミネラルとしても知られています。女性ホルモンへの作用もあるので、黄体形成ホルモンや卵細胞刺激ホルモンを促進させます。

男性の性のミネラルで有名なものの、素肌や毛髪、爪の先までも美しく保つ作用がありますので、女性こそ積極的に摂取をしたいミネラルです。亜鉛は卵子に豊富に含まれていますので、亜鉛が欠乏すると、生理不順や不妊症になることもありますので注意です。