前へ
次へ

人材派遣にも影響する働き方改革とは

2020年の4月に日本の政府が推し進めている働き方改革の一環として、改正労働者派遣法が施行されます。人材派遣での働き方にも影響があるので、知識を得ておく事が大切になってきます。2021年4月までに日本国内の企業で導入される同一労働同一賃金が大きく関わってくるので、労働の内容と賃金についての待遇面で良質なアクションが起きます。正社員と人材派遣で働いている人との間で、待遇格差が改善されるので、働いている時に感じる不平等が解消されますから、安心して働ける環境が整うのがメリットです。法改正により、派遣で働く方の待遇が改善される情報を企業側が提供する義務が発生するので、派遣先の会社員と派遣社員の間で不当な待遇の差が無いのかをチェックする事ができます。多様な働き方を認める動きが強まっていますから、派遣社員の方でも安心して生活ができる様になり、労働者全体にとって、非常に有意義な法改正です。正社員と派遣社員の待遇に差が無くなれば、職場でも安心して互いに努力する事ができる魅力があります。

Page Top